スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2017.02.09 Thursday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    結納〜父の思い

    0

      桜坂観山荘の電話窓口には三人の男性がいます

      三人とも娘の父です

      まだ、娘たちは子供ですが、父たちは、すでに結納に思い入れがあります

       

      結納のお問い合わせには、つい熱が入ります

      月に一回の結納セミナーも熱く語ります

       

      一般的には、結納という形がだんだん少なくなっているそうですが、

      結納をなくしたくないという父達の思いが、桜坂観山荘の結納の形をつくりました

       

      通常、新郎様のご準備されるお飾りは9品目といわれますが、

      指輪と結納金、それに鯛とお酒があれば立派な結納といえると思います

      「この日が結納だった」という日を作ってください

       

      その日を境に、父は娘を嫁がせる心の準備をはじめます

       

      父は多くを語りません

      生まれたばかりの娘を抱き上げたときの感動

      ぎゅっとつないでくれた小さな手が、だんだん大きくなっていく幸せ

      だっこや、おんぶで感じる幸せの重み

      娘の涙が、「守るべき存在」として父を強くしたこと

       

      どんなに素敵な男性でも父の愛には敵わないかもしれません

      それでも父はその日を境に娘を嫁がせる心の準備をはじめます

      ゆっくりと…

       

      桜坂観山荘では、大安の土日は、11部屋のほとんどが結納やお顔合わせになることもあります

      ご来店時、新郎新婦様はもちろん、御両家の親御様もとても緊張されていらっしゃいます

      ですが、お帰りの際には、お幸せそうに見つめ合う新郎新婦様と、

      ご安心された親御様の表情を拝見すると、御両家のお幸せを確信いたします

       

      これからも「結納」という大切なしきたりが受け継がれていくよう、

      桜坂観山荘の父たちは頑張ります

       

       

       

       

       

       

       


      スポンサーサイト

      0
        • 2017.02.09 Thursday
        • -
        • 13:41
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        この記事のトラックバックURL
        トラックバック